このページはシステムトレードに関して書いています。

実際にどうやってシステムトレードを行うかと、 システムトレードに必要なバックテストを行う自作の株売買シミュレーションソフトを開発し、紹介しています

また実際の自動売買結果をツイートしています→https://twitter.com/homuzorow

システムトレードとは

詳しくはWikipediaのページなどを参考にしてください.
簡単には,テクニカルの手法を用いて、システム的に、あるルールにしたがって、株の売買を行うことで「アルゴリズムトレード」(アルゴ、アルゴトレード)ともいいます。

個人的にはシステムトレードには大きく2つの方法があると思っています.

  1. 特定の銘柄に絞ってルールを適用して売買
  2. 全銘柄を調べてルールにしたがって売買
    • 全銘柄を調べて買いシグナルが出ているものを買って,売りシグナルが出たら売る

このページでは1番目の特定の銘柄に絞った方法での自動システムトレードについて書いています.
2番めの全銘柄を調べる方法もやろうと思っていて,どうせなら流行りのAIでやってみようかと思っています

システムトレードの流れ

ある程度株売買の知識はあることが前提ですが

売買ルールを考える

単純には「買った時より高く売る」ですが,難しいです.
単純な「買った時より高く売る」でも,いつ買って,どれだけ高くなったら売るというルールを考える必要があります.

この売買ルールによって儲かったり損したりするのである意味一番価値のある情報なので良いルールが見つかったら大事にしてください

売買ルールに合ってそうな銘柄を探す

これも重要な作業です.
株価のチャートを見ながら自分の決めた売買ルールに合っているか検討します.

株価データを集める

日足データはYahoo! ファイナンスなどのサイトで入手可能。
日足よりも短い周期のデータの入手は難しいので自分で生成する必要があると思う

考えた売買ルールでバックテスト(シミュレーション)を行う

考えた売買ルールに従い見つけた銘柄をシミュレートしてみます.
単なるカーブフィッティングにならないように注意が必要

実際に売買してみる

シミュレーションでうまく行きそうなら,その売買ルールを使って実際に売買してみます
うまく行かない場合はまた最初のステップ(売買ルールを考える)に戻ります.


Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 14 Sep 2018 03:27:59 HAST (524d)