Top > pyStockTrader > EditConfig

設定ファイルの編集

設定ファイルは「project」というディレクトリに置いておきます。
シミュレーション(バックテスト)でも自動売買でも同じファイルを使えます。
つまりシミュレーションした条件で自動売買ができます。

書き方

XML形式で書かれています。以下例です

<project name="test">
	<config>
		<brokerage name="SBI" module="SBI"/>	<!-- 使用する証券会社 -->
		<lang val="jp"/>	<!-- 使用言語。未対応 -->
		<user name="" id=""/>	<!-- ログインID -->
		<passwprd main="" sub1="" sub2="" /><!-- ログインパスワード -->
		<found max="1000000" min="1000" margin ="100000" /><!-- 売買時、シミュレーション時の最大資産 -->
		<pw dir="/home/hoge/" file="rtrade_pw"/><!-- パスワードファイル -->
		<log dir="./log/" trade="trade_log.csv" error="error.csv" price="price.csv" status="status.csv" simlation="simulation.csv" resource="resource.csv"/><!-- ログを保存するところ -->
		<data dir="./data/" stock="stock_detail.csv" /><!-- 株情報を保存するファイル -->
		<trade wait="30" /><!-- 自動売買時の待ち時間 -->
		<twitter tweet="1" /><!-- twitterでツイートする場合。要アカウント -->
		<sim num="0" /><!-- 番目の株をシミュレーションする -->
	</config>
	<stocks>
		<stock name="Rakuten" code="4755" type="date" unit="100"><!-- 株名、株コード、取引タイプ(date:日足、time:デイトレード)単元株数 -->
			<algorithm name="Simle" module="simple" val="0.8,1.1,0.9" /><!-- アルゴリズムの表示名(name)、モジュール名(module).pyは省略 -->
			<found max="300000" min="1000"/><!-- この株に使うお金-->
			<marcket name="" no="" /><!-- 取引市場、未対応-->
			<data starty="2017" startm="1" startd="1" />
			<refs><!-- 参照株 未対応-->
				<ref id="9999" type="date"/><!-- 参照株 未対応-->
			</refs>
			<simulation><!-- シミュレーション条件-->
				<conf parametric="1" MP="1" start="1000000" stop="10000" sdt="2017-04-17" edt="2017-04-27"/><!-- シミュレーション設定-->
				<vals><!-- パラメトリックシミュレーション時の設定-->
					<val id="1" start="1" end="10" iter="0.005" inc="1"/>
				</vals>
			</simulation>
		</stock>
		<stock name="Rakuten" code="4755" type="time" unit="100">
			<algorithm name="Simple time" module="simple_day" val="0.8,1.1,0.9" />
			<found max="300000" min="1000"/>
			<marcket name="" no="" />
			<data starty="2017" startm="1" startd="1" />
			<refs>
				<ref id="9999" type="date"/>
			</refs>
			<simulation>
				<conf parametric="2" MP="1" start="1000000" stop="10000" sdt="2017-04-17" edt="2017-05-02"/>
				<vals>
					<val id="0" start="0.9" end="1.1" iter="10" inc="0.01"/>
					<val id="1" start="0.8" end="1.2" iter="10" inc="0.05"/>
				</vals>
			</simulation>
		</stock>
	</stocks>
</project>

各部解説

全体を<project>と</project>ではさみます

<project>
.........
</project>

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Mon, 22 May 2017 08:11:57 HADT (1222d)